サッカーおやじの妊活&子育て奮闘記

男が家族のためにできること

サッカー

破水?!

ある朝 病院へ 突然の2人暮らし 妻からの連絡 ある朝 臨月に入って2週間ほどが経ちました。 まだ、出産までは少し時間がありますが、いつ生まれてもおかしくないという状態とも言えます。 おとといの朝、起きると、妻が少し慌てていました。 妻「布団が濡れ…

臨月の妻へ

イヤイヤ期 夫婦で分担 13倍 イヤイヤ期 最近、娘のイヤイヤ期がなかなか激しい。 うちの子は、比較的大人しい方だとは思うし、たぶんかなり育てやすい方だと思います。 それでも、何かをきっかけに泣き続けたり、グズり続けたりすると止まりません。 「やり…

子どもはお父さんの言うことなら聞く?

たまに父親が面倒をみると… なぜ聞き分けが良くなるのか 1週間反対になったら… たまに父親が面倒をみると… 先日、私は1人で娘を幼稚園に連れて行きました。 普段は、妻が1人で連れていくことの方が多く、私が一緒に行けるときは行きます。 どこの子もそうで…

リーダーの器

子どもの教育の目的は? 1人の行動でみんなが悪いと思われる 成長 子どもの教育の目的は? 子どもは生まれてから大人になるまで、たくさんの大人に育てられます。 仮に、高校卒業までで考えます。 両親、祖父母などの家族や親戚、保育園や幼稚園の先生、友だ…

教育の優先順位

サッカーができる喜び 勉強は何よりも最優先か? サッカーができる喜び 最近、やっとまともにサッカーの練習をできるようになりました。 改めて、練習の楽しさを実感し、この気持ちを忘れずに取り組み続けていきたいと思っています。 子どもたちも同様で、体…

娘の初登園

約3か月遅れで 親として 約3か月遅れで 本来、4月に4年保育で幼稚園に入園する予定だった娘が今日念願の初登園を果たしました。 入園式もありませんでしたので、本当に今日が初めての幼稚園でした。 保育園には、一時保育で何回か行ったことはあったのですが…

一石を投じる勇気

職場クラスター 勇気 職場クラスター 最近、増えてきていますね。 あるデータでは、カラオケよりも職場での感染者数が多いという数字も出ていた。 実際に、クラスターが出た職場がテレビで取材されていて、ちょっとびっくりしました。 対策として、クラスタ…

家族

副島淳さん はなわさん 副島淳さん 家族を探す番組を見ました。 離ればなれになった息子を探す母親や、自分を捨てた母親を探す娘の話など、それぞれにさまざまな事情やドラマがありました。 中でも一番衝撃的だったのは、タレントの副島淳さんが父親を探す話…

NiziUデビューの裏で…

デビューメンバー決定 人間性 デビューメンバー決定 再び、Niziプロジェクトの話です。 ついに、デビューメンバーが決まりましたね。 我が家では、私も妻もアカリちゃんを応援していたので残念でした。 しかし、やっぱりJ.Y.Parkさんはすごいと改めて思わさ…

時代に流されるな

どっちが正しいのか 自分で考える 子育てや育成に当てはめる どっちが正しいのか 時代に流されるな 固定観念は捨てろ 時代に乗り遅れるな 目新しいものにばかり飛びつくな どれも正しいような気がします。 さまざまな変化が起こる今の時代、新しいものを取り…

J.Y.Parkに学ぶ育成術

Niziプロジェクト 成長 評価 Niziプロジェクト 病みつきになっている人も多いと思います。 かくいううちの妻も推しメンの特集の日を見逃したとギャーギャー言っています(笑) ではなぜ無名の女の子たちにみんなが夢中になるのでしょうか? コーチとしての視点…

リモートレッスン

情報番組にて 先生のアイデア 感銘 情報番組にて 先日、テレビの情報番組で、コロナ禍の影響を新たな方法で乗り切ろうとしている人たちが紹介されていました。 その中に、リモートレッスンというものがありました。 例えば絵画教室やパントマイム教室などで…

アスリートに必要な能力

銀河系軍団から育成型へ 育成年代のスポーツに当てはめてみる 肝 銀河系軍団から育成型へ 面白いテレビがありました。 芸能界最強水泳チームを作ってオリンピック選手を倒すという企画です。 これまでのこういう企画は、芸能界中からその競技の実績のある人…

テレワークを続ける方法

テレワークが終わる!? 先手を打つ テレワークが終わる!? 私が勤めている会社はもともと、事務所に出勤して、それから練習場に移動してチーム練習という流れです。 それが、コロナ禍でこの数ヶ月はテレワークになり、最近再開したチーム活動には、特に予…

成長のチャンス

当たり前じゃない 大人はどうか 当たり前じゃない 少しずつ世間の活動が活発になってきました。 新たな生活を確立した人もいれば、以前の生活に戻り始めている人もいるでしょう。 サッカーのチームでも、多くが活動を再開し始めています。 大会がなくなるな…

いつか娘が私の手を離れるその前に

パパはお仕事へ パパの本業はテレワーク? インディアン嘘つかない パパはお仕事へ 今週からまともに仕事が始まりました。 いつも家にいたパパがひとりで家を出ていきます。 今日は娘が「一緒に行く」とダダをこねました。 とても複雑な気持ちでした。 ここ…

SNSの世界

衝撃的なこと 理解不能 ストップ誹謗中傷! 衝撃的なこと 今日、妻と話していて、たまたまSNSの誹謗中傷の話になりました。 別に、何かの記事やニュースについて言及するとかではなくて、単純に、です。 私は、今日妻と話すまで、SNSはだれもが自分の好きな…

失敗させること

子どもたちは緩んでいる 目を覚ませ! あえて失敗させる 子どもたちは緩んでいる チームの子どもたちでも我が子でも、いろんな失敗があると思います。 寝坊したり、約束を忘れていたり、嘘をついてしまったり。 そんなとき、大人としてどう関わればよいでし…

疲れの原因

なぜかしんどい 生活を振り返る スパイラル なぜかしんどい 最近、在宅の時間が増えて、身体の負担が減っている。 なのに、最近身体が疲れている。 朝起きるのがすごくしんどかったり、夜もたれたり… 原因をよく考えてみました。 生活を振り返る まず、在宅…

ブランコ事件(後編)

昨日の続きです。 謎の女の子 そして最悪の事態が起きる 反省 謎の女の子 引き続き、うちの娘は遊具で遊んでいました。 一度滑り台をたしなんだあと、再びあのブランコへ。 ブランコで楽しく遊んでいると、隣に娘より3,4歳年上の女の子が来ました。 「こんに…

ブランコ事件(前編)

2つのブランコ ブランコの乗り方 迫る危険 2つのブランコ 娘を連れて公園に行きました。 公園では、ブランコに娘より半年ぐらい上かなというぐらいの男の子が乗っていて横にはお父さんがいました。 うちの娘は2歳半手前なので、その子は3歳になるかならない…

個の成長

改めて振り返る 改めて振り返る 昨日、大会がなくなったら?というとことを書きながら、改めて考えていました。 勝利至上主義はよくない。 と思いながら、結局自分もそうなっていなかったか? 結局は、勝つためにレギュラーを決め、勝つための戦術を用い、勝…

トシ、サッカー好きか?

目標は公式戦!? 本当に目指すべきもの 目標は公式戦!? 日本では、小学生から大学生までどの年代でも、部活でもクラブでも、勝敗により全国大会に繋がったりリーグ戦の昇降格があったりします。 当たり前のことかもしれませんが、公式戦の勝ち負けを争う…

2日連続遅刻すんな!

今日も遅刻したら? 実践! 今日も遅刻したら? 昨日は、教育論のきれいな部分を書いた感じですが、実際には、昨日のような対応をしたところで、二度と遅刻しなくなるということはなかなかないでしょう。 それどころか、 昨日遅刻した子はちゃんと来たけど今…

遅刻すんな!

遅刻者に対して 理由は? その次が大事 遅刻者に対して 例えば、ある子どもが練習に遅刻してきたとします。 あなたが指導者ならどうしますか? 私なら、まずは「どうした?」と聞きます。 もちろん、どんな理由があっても遅刻は良くないことです。 そのこと…

伝える力

泥棒 泥棒への対処法 泥棒 オンラインミーティングが氾濫している今、自分にも他人にもよく感じることがあります。 それは伝える力の重要性です。 この力の差はほんとに顕著だなと思います。 そしてやっかいなのは、頭がいいがどうかは関係ない! ということ…

大会を実施して完全燃焼させることが一番大切なことなのか?

甲子園 サッカーは? どちらにしても 甲子園 高野連の決断にいまだに賛否が分かれています。 個人的には、甲子園の中止は命を守る勇気ある決断で素晴らしいと思っています。 さまざまな意見があったでしょうし、高校生の気持ちを考えればまさに断腸の思いだ…

第2波でサッカー活動ができないとき

第2波到来 チーム活動が再開できない どんな関わり方がベストか? 第2波到来 北九州で第2波が来ています。 北海道の第2波のときもそうでしたが、第1波のときより威力が強いです。 また、東京でもなんとなく増えそうな気配がします。 宣言解除から2週間…

檜舞台は3年生のためのものか?

大会の中止 1,2年生にとってはどうか? どうとらえるか 大会の中止 サッカーに限らず、各種スポーツで起こっていることだと思います。 夏の大会がなくなった 3年生がかわいそう 区切りとなる大会(舞台)が必要 代替試合を都道府県レベルで用意する 私は的外…

もう大丈夫?まだ危ない?

二極化 違いは何か? 思いやり 二極化 コロナ禍でのあるあるです。 一方は、感染リスクを極力ゼロに近づけることを考えてます。 もう一方は、リスクは回避できないものだと考え、早く日常に戻そうと考えています。 前者は後者を無神経と言い、後者は前者を心…